profile

本名:井理嵯和

あだ名:samas(サマス)

特技:アームバーを折る

所属:腐り釜 ( くさりがま クサリガマ)

今までの話

中学の時に友達がバンドやりだして、俺も誘われてギターをやることに。でもその翌日、ドラムをやることに。
ボウイやジュンスカやユニコーンのコピーをやりました。でも家では聴いたりしませんでした。
そのうちにXjapanに撃ち抜かれ、ブルーハーツに胸ぐらをつかまれることになります。

今思えば、バンドを始めたことで音楽に興味を持つようになったような気がしないでもないです。


で、中学の終わりくらいから洋楽を聞き出すようになり、メタルの方面に引き寄せられたのでした。
高校に入ったあたりでSteveVaiを聴くようになり、同じバンドのギターに薦められStevie Salasを好きになりました。

大学2年の時にギターをやりたい気持ちが我慢できなくなって初めてギターでバンドをやりました。


そして今に至るのでした。


--自分史--

1980
出生

1983 3歳
保育園の音楽の時間に先生が弾くオルガンに興味を覚える。
演奏中に手元をのぞきに行くと「ちゃんと歌え」と叩かれる。

反体制が芽生える。

1984 4歳
コメットさんのシールでチューンナップされた愛用のラジカセにて
TVアニメ、「よろしくメカドック」のOPの録音を父親と試みる。失敗して悲しい思いをする。

1986 6歳
小学校進学
小学校の音楽の時間の発表で「カメハメハ大王」を歌う。
「ケイちゃんのカメハメハはなんかヘンだ」と言われるが、今思うとサビでシンコペってた。

1987 7歳
当時分校の生徒だったが運動会の練習で本校へ。初めて鼓笛隊を見て尊敬と興奮を覚える。

1990 10歳
人並に音楽が聞きたくなり向かいの家のお兄さんにいろんな曲をカセットテープダビングしてもらう。
ブルーハーツを知る。近所にブルハやジュンスカのコピーバンドが練習しているのを発見。
最初、本物がリハーサルにでも来てるのかと思った。
運動会の鼓笛隊でピアニカ担当。砂の地面に立てひざが苦痛であった。

1991 11歳
鼓笛隊で縦笛に転向させられる。ホントは小太鼓をやってみたかった。

1992 12歳
音楽の時間に大人のリコーダー奏者が来校。ドラゴンボールのOPを縦笛で演奏。楽器の可能性を知る。

1993 13歳
中学進学
友達の兄のバンドが文化祭に出演。コピーバンドや音楽を演奏することを意識するようになる。
友達の仲良し三人組がGu.Ba.Ds.でバンドを結成。
ユニコーンの曲をコピーするにはもう一人Gu.が必要だということになり誘われる。
教則本、チューナー、ピックを買ってもらう。
父親のアコギを借りて練習を試みるも腕前は童謡「かっこう」のメロディーラインを弾く程度。
ユニコーンの曲はkey.が居ないとしょぼいので断念。
友人のバンドの練習を見に行っていたのでVo.をやれといわれるが断る。
結局Ds.がVo.に転向。Dsをすることになる。(仮のバンド名は"Cry Baby")
ボウイ、ジュンスカ、ユニコーン等をコピーするが、原曲にあまりなじみがなく曲をよく覚えられなかった。

1994 14歳
文化祭のオーディションを受けて合格するがバンドの意向により出演辞退。理由はよく覚えていない。
この頃から洋楽を意識するようになる。初めて買った洋楽はDeepPurpleのベスト盤。

HighWayStar,SmokeOnTheWater,Burn,SpaceTruckin'がお気に入り。
SpaceTruckin'のサビのギターパートの耳コピに成功する。Xjapanの"X(live)"を聞いて鳥肌が立つ。

1995 15歳
前述のバンドからVo.が抜ける。三人で布袋寅泰のコピーをやり始める。
自分がVo.のブルーハーツのコピーバンドを立ち上げる。
文化祭では初ステージ。Vo.のバンドで暴れまくる。が、歌はダメダメだったらしい。
卒業間際にHM/HR専門の洋楽ラジオ番組を聞くようになる。
Xに似ているところがあったのでStratovariusを好きになる。

1996 16歳
高校進学
通学中にウォークマンで同じ音楽を聞きまくる。Buck-Tick,ブルーハーツ,前述のラジオ番組等を好んで聞く。
前述の布袋のコピーバンドで地元の音楽フェスに参加。布袋のコピーとXの"20thCenturyBoy"を演奏。

1997 17歳
髪が肩まで伸ばすが、ことごとく不評。

1998 18歳
文化祭に出演。中学の時とはまったく違うメンバーでSteveVaiの"Juice"を演奏。
音だししてるフリしながらドラムソロを試みる。
前述の布袋バンドとブルーハーツバンドがひとつになり「モア」(Gu&Vo,Gu,Ba,Ba,Ds,)として地元の音楽フェスに参加。

SteveVaiの"Liberty"、"Crying Machine"を演奏、バンドとして初のオリジナル楽曲も演奏する。
StevieSalasを初めて聞いたのもこの頃。

1999 19歳
大学進学
4ビートがわからなかったのでジャズ研に入るが誰もジャズをやっていなかった。
LightJabの前身バンドに参加。DreamTheaterのコピーをするがDs.への情熱が急速に冷めていく。

2000 20歳
エレキギターを購入し、新入生歓迎フェスにGu.として初ステージを踏む。が、心情的に惨敗。
LightJabとしてオリジナル楽曲の製作を試みる。変拍子が嫌になる。
LightJabへ楽曲を2曲提供しメンバーと共に完成させる。
以後Gu.を使用しての楽曲作りに励む。
ジャズ研OBのバンド、Kensoのローディーとして初の海外をLAにて5日間ほど体験する。
英語を喋るのに多大な労力を必要とし頭が痛くなる。
欧米の食生活に不満を覚え、帰りの空港で小僧寿しを購入。

2001 21歳
コピーバンドBinibonManiax(B.M.X.)結成。
日ごろの欲求不満をGu.として発散、LightJabを脱退。
B.M.X.解散、腐り釜結成、SassJordanのコピーをする。
LightJabのVo.無しバンド「ブーン」を結成。
JeffBeck,SteveVai,JoeSatrianiをコピーする。八王子RIPSにてブーン初ライブ。
それまでのDr.人生の頂点を迎えた演奏をする。あとは下降線。

2002 22歳
腐り釜のライブにて楽器演奏中に最大の快感&多幸感に襲われる。

2003 23歳
就職
腐り釜のDs.に拓郎を据えてオリジナルバンドとしての活動を夢想するが頓挫。

2004 24歳
Brena,HighMind等のバンドにヘルプのDs.として参加。
町田PlayHouseで数本のライブ。もうDs.はやるまいと堅く決心する。

2005 25歳
Lostprophetsの楽曲に触れDs.熱が蘇るも他の楽曲にはその熱が機能しないことを確認。
もうDs.はやるまいと堅く堅く決心する。
知り合いのバンド"天竺ツアー"、"BezeetaHT2"が解散→合流。
新しいバンドを結成するに当たりBa.として招かれる。

2006 26歳

腐り釜がオリジナルメンバーで再結成。

前述のBa.として参加していたバンド(町田カメハウス(仮))をほぼ一年間のリハーサル、曲作り、デモ製作などの後、脱退。

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー